↑201V1さんありがとう
とらどし。


セルフネイル教室TORAberry

セルフネイル教室TORAberry

セルフネイル教室 TORAberry Youtube

0507/21/05/i_mail.gif" alt="愛のメッセージ" border="0"/>
エキブロ・メディカル
<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
恐怖の体験談&私にとっての最高のご馳走
事情により、どっち書いていいのか分からんので両方書くよ。
--------------------------------------------------------
今日、ふの味噌汁ぅぅぅ~。

って小学生のときに流行った。
なんだったんだ。

あんまりね、怖い思い出は憶えてないです。
脳が忘れてくれるらしい。
ビビリです。

すごい小さい時、乳母車に乗って坂道を下る、って遊びをイトコとしてたんだけど、そんとき、運いいのか運悪いのか、坂道を反れて、道と道の下にある家の屋根の間に挟まって宙ぶらりんになったことある。
状況分かるかな?

こんな感じ↓
a0021205_23573112.gif

たぶん、怖かっただろうね。どう思ったか、ってのはあんま憶えてない。ビックリしたかな。

それから、毎年恒例お盆の肝試し。
あれは怖かった。特に何か出たわけではないですが。
怖い話(幽霊系)を聞いた後、2人一組で納骨堂まで行って帰ってくる、というもの。
いやー、山道をね、街灯一つない道をね、小学生二人で歩いていくのは恐怖だぜ。

キャーーーーーーーーーーー

ってダッシュで坂道を走る。

ある意味楽しかったけど。

あと、違う意味で恐怖だったのが、10年くらい前に住んでたマンションでの出来事。
ある日、玄関のドアを見て、「あれ?何か変?」と思いよ~く見ると・・・

ドアスコープが何者かの手によって取り外されていたのです!!!!!!!!!

うぎゃー。

こえー。

そのマンション、デカいとこで、60世帯(というの?)以上が入居してたのね。
ひとまず同じフロアの玄関見てまわった。
なのに、ドアスコープが外れているのはうちだけだった。
皆気付いてとっくに取り付けてもらったのか、うちだけ取られちゃったのか、未だに謎なんだけど、誰かに覗かれていたかと思うとゾッとするよね。

ちょっとしてからオートロックのマンションに引っ越した。
うら若き乙女ですもの。

急いで管理人に電話して、修理屋さん呼んでもらったら、そのおっちゃん、「いやー、多いよね、このイタズラ」って言ってた。
多いんだ・・・

そういうことしちゃ、ダメ、ゼッタイ。

そんときの間取りが、一番簡単なこういうやつ↓
a0021205_23553396.jpg

だったんだけど、玄関と生活空間に仕切りがあったのが不幸中の幸い。
いや、でも開けっ放しだったときに覗かれてたらどうしよう、って妄想は広がるわけです。

ミニにタコだよ!

--------------------------------------------------------

それからお次は。
おツギです!ピーコです!あ、違うか。

最高のご馳走は、これしかない。
おばあちゃんの作ってくれたもの。特に母方の。
あんなに美味しいおにぎりは今まで出会ったことないです。
と胸を張って自慢できるおにぎり。おむすび、って言った方がイメージにピッタリくるかな?
炒めた高菜(しかもちょっとピリっとしてる!)を混ぜた米。この米にキビが入ってると尚良い。
ちょいとモチモチしててうまい。でも、うるち米だからちゃんとお米です。
それから、じゃが饅頭。
これもうまい。芋饅頭でもいい。
両方うまい。
冷えたのを、チンして焦げ目をつけると尚うまい。
何個でもいける。
あーーーーーーーーーヨダレ出てきた。
砂糖醤油付けて食べてもうまいしな。普通の醤油でもうまいしな。何もつけんくてもうまい。
じゃがや芋が無くなって、皮だけのを作ってくれたのもうまい。
塩が効いてるのかな。
あと、忘れちゃいけんのがだご汁。
なんでしょう、普通のだご汁より、とろみがあるのかな?具沢山だからかな?あの味は出せない。
母が作っても同じのはできない。
よそでごちそうになっても、ちょっと違う。
うまい。
でね、同じだご汁って言っても、うどんのだご汁もうまい。
あの、讃岐の白いうどんのうどんじゃなくて、だごっぽく打った、でももちょっとコシのないうどんが入っただご汁。
何て言うんやろー。あれのこともだご汁って言うからな、うちでは。
だごのだご汁も、うどんのだご汁も大好き。
たぶん、似てるけど、材料は違うと思う。
今度聞いてみよう。でも、きっと同じようには作れないんだろうなー。

しまった!すっごい食べたくなってきた!!
[PR]
by nutschoco | 2006-10-30 00:23 | 詩的現実
心に残った一言
私は、超が付く程のネガティブシンキング娘です。
これをネタだと思う人は氏ねばいい。
ちょっとしたことでもすぐに落ち込む。
ウジウジ悩む。
考えすぎて身動きがとれなくなる。
そういうときは母親の意見に救われる。
彼女の言葉は私にとって宝物。
マイナス思考の私をよく理解してくれ、気分がなるべく軽くなるように、楽になるように言葉を選んで与えてくれる。
唯一の理解者。
母の言うようには行動できないけど、でも、それも分かっててアドバイスをくれる。
決して「一生懸命頑張りなさい。そうすれば必ず報われる」的なありきたりなことは言わない。
私がプレッシャーに押しつぶされて立ち直れなくなるのを知っているから。
とても、とても頭のいい女性。
そんな母のくれた大事な言葉を頭の悪い人に教える気はないです。
私は母と違って言葉の選び方を知らないから。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-28 21:39 | 詩的現実
もしも、自分がライオンだったら
a0021205_23413272.jpg
にゃーー

続きは後で





-------------------------

ネコ科ライオン。

あのね、よくライオンに追いかけられる夢を見る。
何の暗示?
すごい気になるのです。
田舎のたんぼ道をね、必死に走って、そんで実家にギリギリで走りこみセーフ!って感じで逃げ切って、台所に椅子を全部積み上げて隠れてるんだけどね。
なんだろうね。
ライオン、玄関をガシガシやって入ってこようとするの。
怖いよー。

ほんと、よく見る。
夢占いできる人、なんでしょう、教えてください。


そうそう。
ライオンだったら。

私がライオンだったら、ドロシーと一緒にエメラルドの国へ行って勇気を貰うよ。
ハートをね。
小心者ですので。
結構本気。いや、かなり本気。


小学生の頃、ずっとあの『オズの魔法使い』の映画をビデオで観てた。
あれ大好きなの。
ミュージカル映画なんだけど、色とりどりの世界で素敵なの。
当時は全く知らなかったんだけど、すごい有名な舞台俳優さんがかかし、ライオン、ブリキのロボットを演じてらっしゃるんですよね??
これ、DVD買っちゃいました。
確か前にも記事にしたような、してないような・・・

あ、久しぶりに観たいな。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-25 23:41 | 詩的現実
忘れられない話
♪忘れられないのぉぉぉ~あの人が好きよぉぉぉ~

って、忘れられない思い出ってたくさんありますよ?
中学生の時の修学旅行で、制服のまんま海に入って皆のスカートが潮で真っ白になったり・・・楽しかったなあ。
大人になって、職場の友だちと六甲山牧場行ってバスケやったり・・・楽しかったなあ。
10人くらいでUSJ行ってジュラシックパーク3時間並んだり・・・楽しかったなあ。

たくさんある。

けど、やっぱ長期戦で楽しかったのは、ハタチ記念で行ったオーストラリア一人旅。かしら。
その中でも、お気に入りはアーリービーチっていう所。
田舎でとても小さい町なんですがね、すごくいい所だった。
予定を変更して一週間くらい滞在した。

ワーホリで来てた女性2人に情報たくさんもらって、その2人とは日本に帰ってきてからも手紙のやりとりを何度かしたけど、それっきりだな。
旅の出会いって、わりかしそんなものですがね。
近くの島にクルージング行ったり。クルーザー乗り間違えて、小型ボートで迎えに来てもらったり。
着いた島の砂の、そりゃもう白いことったら!
漂白してるんじゃないかと思った。眩しくて目を開けるのが辛かった。

スカイダイビングやったのもアーリービーチだった。
落ちていくとき、目の前に珊瑚礁の広がる海とたくさんの小さな島が見えて感動した。
オススメ。

あとは、そうね、日本人って、日本人同士で群れたがる傾向にあるけど、それじゃ日本にいるのと一緒!と思って、一人でフラフラしてたのね、んで一人でフラフラしてる人に声かけたり声かけられたりするんですが、そういう人と遊んだり、お昼ご飯一緒に作ったりしてました。
多いのは中国や韓国の人が多かったかな。
やっぱアジアの人といると落ち着くのですよね。

アーリービーチでも、近くのB.P.に泊まってる韓国人の子がいて、その子とよく遊んでたんだけど、朝会うたびに「おはよう!」っておもいっきり日本語で挨拶してよく「Don't speak Japanese!」って注意されたなあ。で、「ごめぇん」って日本語で返してしまうんだよなあ。
だって、なんとなく通じそうなんだもん。。。

あっという間の一週間だったなー。
今思えばもっと滞在すればよかった。
ちょっと小高い丘みたいなとこがあってね、目の前180度海なんだけど、毎日そこでサンセット見てた。
ありえないくらい空と海がピンクに染まって、そこでイロイロなことを考えたりなんかして、闇に包まれていく海におじさんが犬と一緒にザブザブ入ってって泳いでるのを見ながら、心なごんだり、あの経験は忘れられないなあ。

アーリービーチだけでなく、クイーンズランドの剥き出しの自然に触れて、本当によくいう自分の悩みなんかちっぽけだわ、とか、そういうありきたりなことを思ったりしました。

だってね、地平線まで延びる海を見て、風に吹かれて、頭上に海鳥が飛んでって、そんな中に立っていたら、「あ、私、地球のジャマ?」って感じてしまう。
なんだろうね、あのパワーは。

ケアンズも、ブリスベンもいいかもしれないけど、ポートダグラスやハーヴィベイやタウンズビルにももっと日本人が目を向ければいいのに、って思っちゃう。


So where the bloody hell are you?
[PR]
by nutschoco | 2006-10-24 23:53 | 詩的現実
やっと半分
zukunashiさんからのお題。

貴方のプロポーズの言葉は何?

されたことはあるけど、したことはないなー。

あ、夢でならしたことあるよ。
即答で断られたんだけどね。玉砕。
深層心理かね。
こないだ飲みに行った時、その話したら爆笑された。
まー、現実でないのでなんてことないんだが。


現実の話ね。
んー、ココでこういうことを語るのは最初で最後かもしれませんよ!ちょっと、奥さん!(照れているらしい)

されたのは、7年前。ひょえ~、若かったんだね、私たち。
「ナチョコの苗字、○×(彼の苗字)になるけどいい?」って言われたから、「うん、何でもいい」って答えた。
そのときは気付かなかったけど、どうやらプロポーズだったらしいです。
後々知らされた、そのつもりだったのに・・・と。
はい、鈍感女です。

愛の告白もそうですが、ストレートにきてもらわないと、気付きません。
口説かれていても、デヘヘーだのエヘヘーだのと笑って流してしまうタイプです。
周りの人間の方が先に気付くくらい、真っ直ぐきてもらわんと、伝わりません。
変な言い回しとか、回りくどいのは論外です。
駆け引きとかニガテです。
よって、ストレートにゴイゴイ押してくる人に弱い。きゃはっ。
求婚も、苗字が変わるくらいじゃ分からん。
長年一緒にいて、分からなかったのかしらね、彼。

ちなみに、彼とは、その2年後に別れた。
私も彼も彼のおかんもドロドロに泣いて、散々話し合って、そんで別れた。
あのとき結婚してなくて良かったなー、と今だから笑って言える。
おかげで行き遅れてはいますがね。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-23 20:12 | 詩的現実
俺哲学
学生時代、パンキョーの哲学の単位落としかけたことあります。
それくらいニガテ。

なんだ、哲学って。


曖昧な脳内情報が出した答え。
「他人がやれることで私に出来ないものなど無い!!と信じて行動すれば納得のいく結果は出せるものだ」
つい最近、小さい後悔をしたばかりなんだけど(わあああ、今思っても悔やまれる!!)、そういう後悔しないように、なんつうんだろ、とりあえず、やっとけ、と思って日々過ごすようにはしております。

ま、適当なんすけどね、基本。

けっこう自分に甘いし、楽な方楽な方へと流される。
わー、こんなん無理やって!!って思いがち。
でも、ほんとうに手に入れたい何かがあれば、動かねばなるまい、と言い聞かせてやるしかないよね。
割かし「アクティブだね」って言われることが多いのは、そういうせいかもしれんです。


あと、忘れちゃならんのが、日々乙女を哲学することかしら。
いかにキラキラグッズに出会うか。
いかにドキがムネムネを体験するか。
それが最大のテーマかもしれんな。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-22 23:24 | 詩的現実
うろ覚えお絵かき 再び
ねえ、このトラップすごいよね。
同じコマに止まるの2回目。
最初のびっくり話と今回のお絵かき。
トラップ地獄。

まあ、でも前回のお絵かきは、自分でもイマイチだったので、リベンジできて嬉しいです。
しかも、PCが修理から戻ってきたので、マウスでお絵かきに挑戦編です!

a0021205_1332560.jpg

今回はいい線いってると思います。
たぶん、頭を黒く塗りつぶしたのが効いている。
ミッキーの尋常でない笑顔はいまいち表現できなかったけど、なんとなく気持ちは伝わるよね?

見れば見るほど怖いけど、ミッキーさんです。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-21 01:41 | 詩的現実
うろ覚えお絵かき
a0021205_14211160.jpg

すごく自信あったのに…

軽く凹んだ。

お題を言う勇気はないので想像に任せます。
自分でも、描けば描くほど一体これが何なのか分からなくなってきて、いい加減イヤになりました。

意外とアイツ難しいな。

お手本見ながらだったらちゃんと描けると思います!

たぶん。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-20 14:21 | 詩的現実
私、こう見えても○○が得意なんです
家庭科。
ずぅっっと「5」でした。

こう見えても、ってどう見えてるんだろう、手先器用なのです。
小学生の頃自分で編み込みも余裕だったので、親戚中から将来は美容師になれ、と言われてた。

特に裁縫は得意。
「被服科?」と聞かれたこともあった。

普段はそうでもないけど、ダンスの舞台衣装作るときは裁縫得意で助かった!と思いました。
スパンコールやらビーズやらを縫い付ける作業は肩が凝るよね。

それから、お腹弱いから自分で腹巻き編めるのはラッキーかも。
自慢だが小6の家庭科で皆がマフラー編んでる中、一人セーター編んだ。
もちろん大人になってから恋人に愛情込めまくったマフラー編んだこともあるけど。
恥ずかしい過去だね。

こんな私、手芸クラブ入ってたことあったんだった。思い出した、自分でもびっくり。


それから料理。
あんまり好きじゃない、正直。
やれば出来る子ナチョコ。
たぶん普通です、すまん。あまりネタにはできません。
アップルパイとチーズケーキは自信あるけど。

ナチョコ料理のお世話になったのは広い世界でたったの3人だけです。

幸か不幸か…
[PR]
by nutschoco | 2006-10-18 21:48 | 詩的現実
私の幸福論
♪私は君のメロディやその哲学や言葉全てを守りとおします其所に君が生きてるという真実だけで幸福なのです

そんな女大っ嫌いじゃ~!って女子もたまにいますが、多少の程度の差はあれ、大抵の女の子の幸福論なんてこんなもんだと思うのです。

好きな人ってすごい影響力がある。ほんと、その人が全て!って思える時期もあるしね。

そんでもって近しい人に感化されていくのがこれまた楽しいし、幸せ。
恋人だけでなく、家族や友達。
彼らがいるから今の私がある、と思うし。たくさんの出会いがあって、人生の幅を広げてもらったと思うし。
日々コレ勉強っすよ。

女の友達だと、まあ趣味だとか興味のあることは同じだったりもするんで、切磋琢磨しながら世界を深めていくイメージ。

これが対男子になると、全く私になかったものを投入されて、世界を切り開いていくイメージ。

人と繋がるというのはとても心地良い。ああ、私はひとりじゃないな、と実感できる。

そうやって今日も世界を広げていかれる。
とてもしあわせ。
[PR]
by nutschoco | 2006-10-17 12:31 | 詩的現実


カテゴリ
全体
詩的現実
暴走妄想
乙女娯楽
血湧私踊
雨漏職場
手抜料理
素敵音楽
素人写真
千代短歌
佐々木氏
紅玉祭典
自作表皮
タグ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
たそがれの浅草寺には鳩ぽ..
from カツオくんは永遠の小学生。
賀正~ん!!
from シネマ親父の“日々是妄言”
手書きブログ
from Rosslyn Papers
下手っぴぃ
from 世祓い
手がきでゴウ。
from 言 壺。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いっぱいになったのでタンスに片付けました。日々更新中です。     ↓覗いてみてね↓ なっちょこだな

nuts' antenna / nail
nail antenna


自意識過嬢
CANDIED
honey*
ふわふわ。り
フランクなソザイ